ウレタン着色塗装のフローリング

明るい色のフローリングに合っている

フローリングには着色や塗装が施されているものがほとんどです。

自然塗料を使って着色や塗装を施す場合と、ウレタン塗料を使う場合があります。
フローリングの床が綺麗に見えるのは、塗装が施されているためなのです。

そして、定期的にメンテナンスをすることで、フローリングの美しさを保つことができます。

自然塗料は主に、暗めの色のフローリングを塗装する場合も用いられます。

汚れが目立ちやすいのが難点ですが、高級感のある落ち着いた雰囲気に仕上がるでしょう。

これに対してウレタン塗料で塗装するのには、明るめの色のフローリングの方が合っています。

自然塗料ほどの高級感を出すのは難しいですが、丈夫にコーティングすることが可能です。
傷や汚れなども、あまり目立ってしまうことはないでしょう。

光沢が美しいこともウレタン着色塗装のフローリングの特徴のうちの1つです。

メンテナンスはそう頻繁にやらなくても大丈夫ですが、長期間メンテナンスをしないでいると、光沢が衰えてしまうことがあります。

 

大勢の人が利用する場所でよく使われている

ウレタン着色塗装のフローリングは、公共施設など、大勢の人が利用する場所で使われていることが多いです。

大勢の人が使う場所では、フローリングの色が白っぽい色や明るい色であることがよくあるでしょう。

学校の体育館などでも、ウレタン着色塗装のフローリングが使われています。

大勢の人が同時に走ったり跳んだりして強い衝撃を受けますが、それに耐えられるような作りになっているのです。

バスケットボールなどの球技をするときには、非常に強い衝撃がかかりますが、傷が付いてしまうことはほとんどないでしょう。

他に公民館などの床のフローリングもウレタン着色塗装であることが多いです。

学校の体育館のように走ったり跳んだりするような衝撃は加わらなくても、大勢の人が出入りします。
そのため、傷が目立ちにくいウレタン着色塗装がよく合っているのです。

また、ウレタン着色塗装は光沢が美しいことから、一般の住宅でも使われていることがよくあります。