フローリングボード

フローリングボードの使い方

フローリングについて注目すると、さらにフローリングボードという名称が目につきます。

フローリングボードとは、いわゆる単層フローリングの無垢素材を指します。

つまり自然木の材質なりますが、単層フローリングはフローリングボードに限らず、「フローリングブロック」と「モザイクパーケット」にも分類されますが、住宅資材など一般的にはフローリングボードが代表されます。

自然木を原木とすることで切断加工したものを無垢素材としますが、それを敷き詰めるとフローリングになります。

だから一枚板そのものをフローリングボードと呼び、特殊貼りや普通張りなどの工法により、いずれも無垢素材が対応します。
例えばフローリングボードにウッドベースなど組み合わせると、体育館の床材として使用されることが多いそうです。

フローリングボードの色調を変えて組み合わせれば、フローリングでも模様のようなデザインに仕上がったりと、自然樹木の風合いをフローリングボードの組み合わせしだいで、素敵な空間づくりにアイデアによって生かせます。

フローリングボードの特徴

フローリングボードは、フローリングに敷き詰める1枚の単板のことを意味します。自然木を切断加工した木材なので、無垢素材とされる単層フローリングに使用される材料になります。だから木材を使用したいときに、フローリングボードは選ばれることが多いかもしれません。

ごく分かりやすい具体例として、すのこの板にフローリングボードなら最適な材質です。

もしDIYで手作りしたいとなれば、フローリングボードを買い求めれば自家製も可能になりそうですね!

フローリングボードはナラやカバ、ブナなどの樹木が選ばれることで、広葉樹が使用されることが多いでしょう。

自然素材の木目だけが絵柄を描くようになるので、ごくシンプルなフローリングになりますが、木のぬくもりや優しさが伝わるような自然志向にピッタリな材質になります。

もちろん無垢素材なので、フローリングボードも自然と湿度調整をする性質を備えますので、長く使い込むことで風合いが味わいとなり、使い込むほどに愛着がわく材質になるのが、自然素材の魅力ですね!